Costa-Rica

Costa-Rica

コスタリカ

今から25年前、デネブの親会社がサステイナブルツーリズムの先駆者としてコスタリカに貢献したことから、デネブもまたコスタリカと深くい結びつきを持っています。コスタリカに拠点を置くチームメンバーと共に、お客さまの思い出に残る発見、出会い、そして交流からなる、本物の旅をご提供できるユニークな立場にあると自負しています。

世界で最も生物多様性に富んだ国のひとつ

コスタリカは太平洋と大西洋に面し、ニカラグアとパナマの間に位置し「中米のスイス」と呼ばれています。国土はわずか50,900km²、世界の面積のほんの0.03%ですが、世界の生物多様性の5%が存在しているエコツーリズムの聖地です。30もの国立公園を擁するコスタリカは、ラテンアメリカで最も動植物の種類が豊富な国で、国土の25%にものぼる広大な保護区システムによって生態系が守られている、真の自然の宝庫といえます。

コスタリカには、国立公園のほかにも、保護区、避難所、保護地域が数多くあり、この国のすばらしい生物多様性を守っています。ラテンアメリカで最も緑豊かな国のひとつであるコスタリカでは、湿潤な山岳地帯、乾燥した熱帯地域、湿潤な熱帯地域など、実にさまざまな森林が見られます。これらの森林には次のようなものがあります。

  • 800種類以上のシダ類、2,000種類以上のブロメリア、1,200種類以上のランなど、多くの植物が生息しています。
  • 920種以上の鳥類が生息しており、コスタリカは世界でも有数の鳥類観察地となっています。
  • ネコ科(ジャガー、ピューマなど)、サル、ナマケモノ、ブルーモルフォなどの蝶、多くの爬虫類(カメ、ワニ、イグアナ、ボアなど)、コスタリカのシンボルとなっているアカメアマガエルなどの両生類など、熱帯によくみられる動物も生息しています。

地質学的、自然的、そして気候的な側面の相互作用によるコスタリカの壮大さ。その魅力に匹敵するデスティネーションは世界を見てもほとんどありません。コスタリカへの旅を演出するオプションはさまざまで、豊富なラインナップをご用意しております。例えば、カリブ海で最も重要なアオウミガメの繁殖地から、カリブ海独特の文化と先住民族の文化を持ち、波を神格化しているような海岸の村まで、そして、火山により育まれた温泉から、特異的な環境を維持するため、訪問者数を制限している国立公園のトロピカルビーチまで。コスタリカでは、自然のアドベンチャー、文化、ウェルビーイング、農村観光、太陽、そして魅惑的なビーチを組み合わせ、幅広い体験をご提供させていただきます。

コスタリカへの旅をご検討される方へのキーワードをいくつかご紹介いたします。

多世代にわたる体験

コスタリカはこの地域ではやや例外的で、政治情勢が安定し、経済も発展しており、また、世界でも数少ない、軍隊を持たない国のひとつで、滞在中は落ち着いて過ごすことができます。コスタリカの人々は温かい心で私たちを迎え、自国の文化と手つかずの自然のすばらしさを分かち合ってくれるでしょう。